自動車学校では、学科と実技を取得して免許センターで試験に挑戦するということは全国共通です。

自動車学校でのスタイルは2種類の通学方式と合宿方式があります。合宿免許は2週間位の短い日程で自動車運転免許を取得するシステムです。

合宿免許のメリットは、ほぼ毎日車に乗るので運転のテクニックが上達することです。

地方の自動車学校で合宿しながら取ります。

学校によりますが観光地や郷土料理を楽しむためのバスなどを運航しているところもあり、免許取得の他旅行気分を楽しむことができます。

料金も通学よりも安い場合が多いですデメリットは最低2週間の休みが必要になります。

一般に田舎の方が運転は簡単です。
その為都会で運転すると交通事情の違いを痛感するようです。

入校申し込みをしたら、教習所が指定した場所に、電車や飛行機、バスなどを使って定められた時間に集合します。
合宿免許の施設に到着したら、早速入校手続きを行い、その後適正検査を受け最低限必要とされる視力や聴力のチェックを受けます。



仮免前の第1段階で、学科と技能講習を学びます。
第1段階が終了したら、技能検定を教習所内コースで受け、仮免許の学科試験に合格したら仮免許証が交付されます。第2段階では教習所内のコースから外に出て、路上での技能教習へと移ります。



規定時間の教習を終えたら卒業検定と呼ばれる検定試験を受けます。


合格して卒業証明書を受け取って教習所は卒業です。



運転免許センターに卒業証明書を持って行き、学科試験に合格すれば自動車運転免許が発行されます。

 
Copyright (C) 2015 合宿免許は短い日程で運転免許を取得するシステムです All Rights Reserved.