18歳になると多くの人たちは自動車の免許を取りに行く人が多くいます。

また、免許を取るためには教習所に向かって通学する通学免許と合宿をして免許を習得できる合宿免許の2種類があります。

通学免許は自宅から通い、入学から卒業までのスケジュールを自分に合わせて組み教習を進める免許スタイルで、シーズン中だと免許習得に2ヶ月以上もかかります。



合宿免許は自宅からではなく教習所の宿泊施設に宿泊し、卒業するまで教習所が作成したスケジュールで教習を進める免許スタイルで、最短で14日で免許取得ができます。

仮免許の合宿プランの最新情報を公開しています。

通学と合宿ではそれぞれのメリットとデメリットがあります。



通学免許のメリットはスケジュールを自分で組めて学校に行きながら習得が可能になり、定員に関係なく好きな日から入校をすることができます。

デメリットはシーズン中に自分の希望する時間に教習を受けれなかったり、キャンセルがあるまで待ったりと取得に時間と手間がかかることや安い料金での取得、特典の多い教習所などに入りたくても学校や自宅から近くて通える教習所に限定をされます。

合宿免許のメリットは毎日車に集中して乗ることで運転技能は上達していき、学科の知識も頭に入ってくるや宿泊滞在型となり、同じ目的で来ている人が多いので新しい友達ができることです。

デメリットは日程が組まれているため一定のまとまった期間が必要になり、定員もあるため希望校に入校ができません。通学と合宿のメリットやデメリットを見ると違いがよく分かります。
しかし、どちらとも確実に免許を取得することはできます。

両方のメリットとデメリットを見比べて、自分自身に合う方法で通うといいでしょう。

 
Copyright (C) 2015 通学免許と合宿免許の違いとはなにか All Rights Reserved.